エントランスホールのデザインは、来客された方にそのオフィスのイメージを印象付けるチャンスです。

こんな時に便利!賃貸オフィスと賃貸ホール

こんな時に便利!賃貸オフィスと賃貸ホール

オフィスのエントランスホールの存在意義

オフィスの中でもエントランスホールという場所は、お客様を迎え入れる玄関口として、来客に失礼にならないようキレイに保つことが必要です。エントランスが明るくキレイでさらにオシャレな物ならば、その企業に対するイメージも好印象を与えることができます。訪問に来た方は始めに見る場所はこのホールとなるので、明るくキレイに整頓されていることで、「細かい所にまで気を配る会社なのだ」と思ってもらえるかも知れません。デザインについても会社のコンセプトカラーを用いて纏めると会社のイメージを印象付けることに繋がります。白は清潔感を感じることができる色なので、白を基調として会社のイメージカラーをあしらうなどのデザインが良いのではないでしょうか。

木の建材を使うという事も、落ち着いた印象を与えることができるので、少し硬い業種のオフィスにはぴったりだと思います。逆にベンチャー企業など、行動力等を売りにしている業種では鮮やかな赤等も良いと思います。見る人に大きなインパクトを与えることができ、さらに躍動感やエネルギッシュな印象を与えることができます。デザインの重要性もさることながら、すべてのオフィスに共通して言えることは、圧迫感を与えずにキレイに掃除を行うことが必要です。天井が低い場合、建物の構造上変えることが難しいと思いますので、床に一工夫入れることをおすすめします。床に目を引くデザインを取り入れることで、視線が上に行くことを防ぎ天井の低さが目立たなくなるのです。これらを駆使して、他の会社とは一味違う自慢のエントランスをデザインしましょう。

新着おすすめ

Copyright 2018 こんな時に便利!賃貸オフィスと賃貸ホール All Rights Reserved.